最低で最高の本屋

「最低で最高の本屋」 松浦弥太郎著
COW BOOKS代表であり、「暮らしの手帖」の現編集長の松浦さん


この本を最初に読んだのは、たしか6年ぐらい前のまだ進路に迷っていた学生のとき

次に読んだのは、あまりの多忙さに自分の人生を見失いかけていた会社員時代

その次は、「Rucca」を立ち上げたとき

そして、久しぶりにこの間この本を手に取った


本にラインをつけたり、折り目をつけるのはあまり好きではないので、
普段は絶対折り目をつけないのに、
この本だけは自分が心打たれたページのあちこちに折り目がついている

そして、久しぶりに読むと折り目がついてる箇所でまたハッとなって、
前に読んだとき自分が何に感銘したのか、また改めて思いだす

過去の自分から「忘れちゃダメだよ」と言われているみたいに


「好きな本は?」と聞かれて、この本のことを話題に出したことは今までなかった気がするし、
普段はこの本が自分の部屋の本棚にあることも正直言って忘れている

でも、ふと心に迷いが出たとき、心がささくれだっているとき、この本が本棚の中から浮かび出て見える

そして手に取る

読み終えると、「また何かあったらこの本を読もう」と何か暖かいもの包まれた
安心した気持ちで本棚に戻す

4度目読み直した先日、その気持ちに加えて新しく思ったことがあった


私のアクセサリーも誰かにとって、この本みたいな存在になれたらいいなぁ


その思いに気づくために今またこの本を手にしたのかもしれない


f0123934_1984770.jpg

[PR]
# by ruccar | 2009-04-08 19:15 | アクセサリー | Comments(2)

ご無沙汰してました

長い、長い、長い間更新を怠ってしまって・・・
大変ごぶさたしてました。

気づけば最後の更新が去年の5月。
あれから、あっという間に酷暑の夏が来て、実りの秋が来て、
木枯らしの冬が来て、そして気づけばもうすぐ春!
あやうく季節が一周してしまうところでした。

「ブログやめちゃったの?」、「Ruccaの活動はどうなっちゃってるの?」とよく聞かれてたのですが、
ブログをやめる気は全く無くて、そしてもちろんRuccaの活動も続けております(^^)

「手紙の返事は出し遅れるほど、書きづらくなる」
「宿題は後回しにすればするほど、しんどくなる」
この言葉、ほんと~~~にそうですね。
更新を怠って、時がたてばたつほど何から書き出せばいいか分からなくなってしまって、
今にいたってしまいました。(ちょっと言い訳っぽいのですが・・・(笑))
本当に申し訳ありませんでした。

でも、
更新してなかった間もブログを定期的にご覧になってくださっていた方々が
いらっしゃってくださったこと、とても嬉しかったです。

せっかく訪れてくださったのにいつも同じ記事のままで、本当にごめんなさい。
そして、それなのにいつもご覧になってくださって、本当にありがとうございました。

もうすぐ新たな春。
筆不精ですが、またちょこちょことアクセサリーにまつわる話を書いていきたいです。
よかったら、また覗きにいらしてください^^


f0123934_17592018.jpg

[PR]
# by ruccar | 2009-03-12 18:02 | アクセサリー | Comments(2)

The Rose

G.W最終日の夜は、このブログにいつもコメントを寄せてくださっている
masako先生のダンスの舞台を観に行きました。

舞台の上に一筋の光。
その光を懸命に求めて、芽を出そうとする種たちの物語。
名曲「The Rose」をバックに描かれる壮大な生命のストーリー。

頭のてっぺんから、手の指の先、足のつま先の先端まで、
全身を使って表現するダンサーたちの姿に舞台中ずっと魅了されました。
ダンスのように体を使っての表現は、観ている者たちの心の深い深いところをつかみますね。
心の奥深いところへストレートにメッセージが届いて胸を打ちました。
感動しました。

舞台の上のmasako先生はキラキラと輝いていて美しかったです。
いつか、ダンスとアクセサリーのコラボしたいな。
(masako先生、ラブコールです♪)

f0123934_12544856.jpg


写真は舞台の題名と同じ「バラ」のヘアゴム。
お世話になっているTRANSPARENTさんに先月納品させていただいた作品です。
[PR]
# by ruccar | 2008-05-14 13:02 | * 大切な毎日 * | Comments(2)