家族の風景

“  キッチンにはハイライトとウイスキーグラス

   どこにでもあるような家族の風景

   7時には帰っておいでとフライパンマザー

   どこにでもあるような家族の風景  ”


ハナレグミの『家族の風景』

この曲を聴いて「私のうちみたいだな~」と自分の家を重ねられた方、
きっとたくさんいらっしゃるんだろうなぁ、と思います

私もその一人です

そして、
「どこにでもあるような家族の風景」が日夜繰り広げられる家に育てことが、
どれだけ幸福なことなのかということを、
年を重ねるごとにその大きさを実感できるようになってきた気がします


先週は私の母の誕生日でした

今年の我が家は怒涛のようにいろいろなことがあって、
「身近にいる人にこそ、伝えられるときに感謝の気持ちを、きちんと言葉や形に表さないといけない」
と、いうことを痛いほど実感させられた一年でした

で、そんな一年を締めくくるかのような、12月の母の誕生日
今年のプレゼントは大好きな荒川翔子さんに絵をお願いすることにしました


そして、本当は10月が誕生日だった父

しかし主役の本人が怒涛の渦中にいて、
誕生日どころではない状態だったため、
お祝いが延び延びになってしまっていたので、
この機会に父も一緒にお祝いしたいなぁーと思って、
父の絵も荒川さんにお願いすることにしました


かくかくしかじか事情を荒川さんに話すと、
「せっかくなら、夫婦仲良く並んで描いたほうが良くないですか?
でも一枚に収めちゃうと、2人まとめてのプレゼントになってしまうから
2枚それぞれ違う構図で描くのはいかがですか?」

「せっかくならRuccaさんも登場させましょう!」
などなど、どんどん、どんどんアイデアを出してくれる荒川さん


本当はグループ展や企画展など控えていて、ものすごく忙しい状態だったはず
なのに、こちらのわがままにも快く答えてくれて、
さらにアイデアやイメージもどんどん、どんどん膨らませてくれる荒川さん


手間を惜しまず、まるで自分の家族のことを想うように
親身にいろいろと考えてくれる彼女の姿を見て、
「荒川さんにお願いして本当に良かった」と
メールで打ち合わせを重ねるたびに感激してました*


きっとこういう素敵な心の持ち主だから、
あんなに可愛くて生き生きとした豊かな世界が描けるんだなぁー
と、荒川さんの絵の魔法を見せてもらいました☆


完成した素敵な絵がこちら**
左が父の絵、右が母の絵
それぞれRuccaのタックピンとネックレスも一緒に渡しました
(いつもはこんなにプレゼント豪華ではないけれど、今年は特別!!)

f0123934_15432854.jpg



人生を楽しむこと、
本当の意味で心豊かに暮らすとはどういうことなのか、
ということを、私は父と母の日々生きる姿から教わったと思ってます
そのことに一番感謝してます


さすがに面と向っては照れくさくて言えないけれど、
荒川さんの絵がその全てを伝えてくれました

荒川さんにお願いして、本当に良かった**
本当にありがとうございました

プレゼント渡したときの私の予想をはるかに超える
二人の喜びようが私にとって一番の贈物になりました***



私の大好きな荒川さんのブログはこちらから♪
絵本ではっぴーす*


何度見ても顔が思わず顔がほころぶほど可愛いポストカードがたくさんある
荒川さんのネットショップはこちらから♪
荒川翔子*happeace SHOP


最後に…ハナレグミの「家族の風景」を聴きたくなられた方は
こちらから♪
[PR]
by ruccar | 2009-12-18 16:24 | * 大切な毎日 * | Comments(0)


<< コラソン・コラソン 冬季休業の... TRANSPARENT 新作... >>